五十歩百歩

故事成語

故事成語大辞典は、昔から伝わる故事成語や四字熟語・中国のことわざを全て紹介。

故事成語大辞典 > か行の故事成語 > 五十歩百歩

五十歩百歩

このエントリーをはてなブックマークに追加    
Yahoo!ブックマークに登録
  • 五十歩百歩
  • 【ごじっぽひゃっぽ】

【意味】
少しの違いはあったとしても、本質的には変わりなく、大差がないこと。
似たりよったりでどちらも劣っていること。

【説明】
孟子が、梁の国の恵王に「なぜ隣国よりいい政治を行っているのに、自国に人が増えないのか」と聞かれ答えた例え話からきている。
孟子が「戦場で五十歩逃げた者が、百歩逃げた者を臆病者と笑ったとしたらどうでしょうか?」と尋ね、恵王は「どちらも逃げたことに変わりがない」と答えた。
孟子は「恵王のしているいい政治というのも、本質的には隣国が行っている政治と変わりがなのです」と答え、王道を説いた話から。

【出典】
孟子[梁恵王上]

スポンサーサイト

参考書籍

出典のわかる故事成語・成句辞典

遠藤哲夫


三省堂 中国故事成語辞典 ワイド版

金岡照光


中国古典名言事典

諸橋轍次


故事成語 目からウロコの85話

阿辻哲次


まんがで学ぶ故事成語

八木章好・榊原唯幸

Copyright (C)故事成語大辞典.All Rights Reserved.