塞翁が馬

故事成語

故事成語大辞典は、昔から伝わる故事成語や四字熟語・中国のことわざを全て紹介。

故事成語大辞典 > さ行の故事成語 > 塞翁が馬

塞翁が馬

このエントリーをはてなブックマークに追加    
Yahoo!ブックマークに登録
  • 塞翁が馬
  • 【さいおうがうま】

【意味】
人生の幸・不幸は、変わりやすく予測できないということの例え。

【説明】
昔、国境の砦の近くに一人の老人が住んでいました。
ある日その老人が飼っていた馬が、北方の他の国へ逃げてしまった。
周りの人々は慰めたが、老人は「これが幸いとなるだろう」と言った。
やがて、逃げた馬が北方から別の駿馬をひきつれて帰ってきた。
人々がお祝いをすると、老人は「これが禍となるかもしれない」と言った。
やがてその家には良馬が増えたが、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまった。
人々がお見舞いをすると今度は、「これが幸いとなるだろう」と言った。
一年が過ぎるころ、隣国との大きな戦争がありほとんどの人が戦死したが、この息子は足が不自由なため戦争に召集されず、父と共い生きながらえることができた。
「人間万事、塞翁が馬」ともいう。

【出典】
淮南子[人間訓]

スポンサーサイト

参考書籍

出典のわかる故事成語・成句辞典

遠藤哲夫


三省堂 中国故事成語辞典 ワイド版

金岡照光


中国古典名言事典

諸橋轍次


故事成語 目からウロコの85話

阿辻哲次


まんがで学ぶ故事成語

八木章好・榊原唯幸

Copyright (C)故事成語大辞典.All Rights Reserved.