四面楚歌

故事成語

故事成語大辞典は、昔から伝わる故事成語や四字熟語・中国のことわざを全て紹介。

故事成語大辞典 > さ行の故事成語 > 四面楚歌

四面楚歌

このエントリーをはてなブックマークに追加    
Yahoo!ブックマークに登録
  • 四面楚歌
  • 【しめんそか】

【意味】
敵に囲まれ孤立して、助けがないこと。
周囲すべてが反対者で、味方がいないこと。

【説明】
「四面楚歌」とは、四方の周囲で楚の国の歌をうたうこと。
楚の項羽が、漢の軍に敗れ垓下の地で包囲された時、夜になって四方の漢軍から自国である楚の国の歌がうたわれるのを聞いた。
これにより、楚の人がすでに漢軍に降伏してしまったと思い絶望したという故事から。

【出典】
史記[項羽紀]

スポンサーサイト

参考書籍

出典のわかる故事成語・成句辞典

遠藤哲夫


三省堂 中国故事成語辞典 ワイド版

金岡照光


中国古典名言事典

諸橋轍次


故事成語 目からウロコの85話

阿辻哲次


まんがで学ぶ故事成語

八木章好・榊原唯幸

Copyright (C)故事成語大辞典.All Rights Reserved.